--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岳人12月号

2010年11月24日 22:48

岳人12月号
現在発売されている岳人12月号(東京新聞)の中の、【[第2特集]初級者のためのアルパインアイスクライム】で
◆最新アルパイン&アイスギア事情を紹介?しています。

そうはいっても、今シーズンの大きな動きとしては、ペッツルシャルレのクォークがリニューアルしたことくらいでしょう。
New Quark
それにしても素晴らしい出来ですね。

重さが
460 g (本体 + ピック)
515 g (本体 + ピック + ハンマー)
550 g (本体 + ピック + ハンマー + トリグレスト + グリップレスト)

前のクォークが645 g だったので100 g も軽くなっています。
特に女性クライマーはもうクォークで決まり的な感じですね。

値段も ¥ 37590 ⇒ ¥ 31500
やればできるじゃないですかって感じですね。

標準装備されている「アイスピック」はTタイプです。
今まではアイス用の3mmピックはほとんどBタイプだったのですが、焼き具合などから強度が上がったのでしょうか?
これは確認しておきましょう。


話は岳人12月号に戻しますが、
【◆アルパインアイスクライムルートガイド】で紹介されているルートは

南アルプス甲斐駒ヶ岳・黄蓮谷
八ヶ岳・横岳西壁・裏同心ルンゼ~稜線
八ヶ岳・広河原沢・三ルンゼ~稜線
横岳西壁・ジョーゴ沢~稜線
横岳西壁・三叉峰ルンゼ~稜線
川俣川・地獄谷周辺の沢~稜線
南アルプス・尾白川下流・ガンマルンゼ
奥秩父・中津川・滑沢

と、超クラシックなルートが紹介されています。
リーシュレスでモノポイントの必要があるのか…?と思ってしまいました。

最後を締めた恩田真砂美さんの文章は必読です。
ギリギリボーイズについてのところではなく、「1年目は~」というところ。
アルパインクライミングはリスクも理解して、自己責任で行う必要がありますので。

無理せず、ケガせず、ほどほどに、しかし野望は大きく持ってトライしていってください!

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://amanokazu.blog135.fc2.com/tb.php/82-90e5f060
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。