--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明治神宮

2010年11月04日 22:59


今日は昼休みに明治神宮を散歩して、参拝もしてきました。
だいぶ前に、10年位前にお詣りしたことがあるのですが、ほぼ記憶はなく、新鮮でした。
実は僕、神社や、お寺や、仏像などはかなり好きなんです。

昼下がりの明治神宮は、でかい一木の大鳥居、手入れの行き届いた樹木や庭園、掃き清められた園内など、原宿駅前のざわめきとはまったく違って、静かで、荘厳で、神聖で、心が引き締まるような清々しい気持ちになります。

やはり僕も日本人ですので、日本人としてあるべき姿を忘れてはならないと思います。
2009年にフランス、シャモニーに招待された時、ピオレドールの授賞式で着物を着たのは、別にウケを狙ったわけではなく、パフォーマンスでもありません。
日本人の正装は着物。
普段から着物を着ているわけでは、もちろんありませんが、日本を、自分が日本人であることをアピールしたかった。
襟を正して、気持ちを引き締めて、姿勢を正して。

僕は日本史受験で、日本史の中でも「鎌倉時代」「戦国時代」「幕末」あたりが一番好きなのです。
時代が大きく動くとき、ロマンですね。
そんなこんなで武士、侍に憧れているというところから来ているのかもしれません。
(ちなみにピオレドール受賞の対象になった登山は2008年のインドヒマラヤ・カランカ北壁初登攀、ルート名は『武士道』)

最近の若いやつは…って、思うのはオヤジになった証拠?
いや、確実に何か大切なものが伝わっていない気がするのは、僕だけではないでしょう。
電車内の優先席で座って化粧する女の子、大学受験用の社会の参考書を読みふける男の子。
目の前を見ろよ!
一番大切なことは勉強か? 化粧か?
その前に心を、中身を研け!

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://amanokazu.blog135.fc2.com/tb.php/63-5898e66a
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。