--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレ補正

2012年05月10日 19:13

2012-05-10 15.29.12

オシャレは足元から

いや、ブレは足元から

superfeetのサンダルが届きました

ご存知驚異のインソール superfeet


僕は基本的に登山をする時の靴は全て

ハイキングでもトレッキングでも、冬山縦走でもアルパインクライミングでもヒマラヤ登山でもアルパインスタイルでも

どんな時でもこのスーパーフィートを入れています


理由は単純「体がぶれなく、安定するから。踏み込みがしっかりして、足も体も疲れにくくなるから。」です


入れるとわかるんですけどね

大体、筋肉は長時間歩行の後には衰えてくるし、下りでは衝撃荷重を受けます

バランスが悪くなると転倒しやすくなりますが、転ばないまでも足は無意識のうちにバランスを保とうと力が入ります

足裏のアーチも崩れて、ぐらついてきます

anm-foot_side.gif

◆ アーチを維持するとどうなるの?

アーチが落ちてくるとどうなるかを説明します。人間の足は、車で言うとタイヤのようなものです。体の一番下にあって、地面と直接コンタクトする部分です。足にはアーチと呼ばれる構造があります。走ったり歩いたりしている時に地面から受ける衝撃を、アーチが低くなって吸収する仕組みになっています。反対に蹴り出す時はアーチが高くなっていきます。

この部分で着地の衝撃を吸収しないと、膝や腰、背骨にまで衝撃が伝わって、
膝痛や腰痛等のさまざまな故障の原因になります。

一方アーチが低いままだと蹴り出しの効率が低下し、スポーツパフォーマンスが悪くなります。

ちょうど、パンクしたタイヤで走りつづけるようなもので、
パワーを十分に発揮できない
ばかりか、そのままでは本体に障害が出てきます。
(HPより抜粋)



疲れてきた、後半や午後にはたいてい下りに入るので、下りで事故が多いのは必然

どんなに脚力があったって、どんなに良い登山靴を履いたって、最終的に立っているのはインソールの上なのです

だからその部分を支えてあげれば、良い方向に行くのは自明の理


インソールを入れ替えると
①アーチが崩れないので、足が小さくなる
②アーチが崩れないので足がむくみにくい
③アーチが崩れないので足のバネが活かせる
④踏み込みやすくなる
⑤体がグラつかない
⑥姿勢が良くなる
⑦外反母趾が治っていく
書ききれないのでスーパーフィートの特徴をご覧ください

本当に良いことばかりなのか?
アーチが崩れた偏平足や、バランスが崩れかけた脚が治っていくのには若干の時間がかかります
今日入れたから、明日から全てがOKとなるかどうかはわかりません。

ということでスーパーフィートは60日間の保証期間が付いています
使った後でも返品OK
これは使ってもらえれば60日以内には必ず納得してもらえるという、メーカーの絶対的な自信があるからできるのですね

ぜひお試しあれ


ちなみに僕は靴を買う予算を若干下げて、その分をインソールに回してでも使ってみてほしいです
トータルで考えれば2万円のまあまあの靴より、15,000円のそこそこの靴に5,000円のインソールの方が機能的だと思います


というわけで長くなりましたが、

病院でさっそくこれを履いたら、スタスタ歩けるようになった!?とかならないとか(笑)
スポンサーサイト


コメント

  1. カラスムギ | URL | -

    富士山のニュースが心配です。

    じたばたしても、どうにもなりませんが。

    中敷き、今度購入して、使ってみます(  ̄▽ ̄)。

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. 生徒 | URL | -

    凄く説得力があります。
    さっそく購入します。
    ちなみに アマノバージョンなんてのはありますか?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://amanokazu.blog135.fc2.com/tb.php/344-af671adb
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。