--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポリカルチャー

2012年02月25日 20:01

2012-02-24 19.04.48

ポリカルチャー 麻布十番 レシュー フレンチ アルパインクライミング
昨夜はポリカルチャークラブという集まりで、お話をさせていただきました。


ポリカルチャークラブとは?」
ポリカルチャークラブ[多色文化の会]は、さまざまな分野からゲストをお招きし、毎月第3金曜日の夜に月例ディナーを開催しています。
ゲストとのQ&Aタイムはいつも熱いセッションになります。ゲストと会員との知的キャッチボールをメインに、幅広いテーマについて参加者全員で語り合う、自由な意見交換を主にした「知的ネットワーク」のためのコミュニティです。
(ポリカルチャークラブwebページより)


山の世界では知り合えない、色々な立場、職業、肩書の方と知り合えて、刺激も受け、非常に有意義な時間でした。
たまにはこういうのも良いなと。
「知的ネットワーク」のためのコミュニティで、僕がどこまで貢献できたかは非常に未知数ですが(笑)


お話しした内容は
アルパインクライミング
2008年のカランカでのこと
そして、この集まり自体がフランスに関する繋がりから始まっているという事で、ピオレドールのこと

時間をだいぶオーバーして、皆さんのお食事をお待たせしてしまいました
すいません、タイムマネジメントができていなかったですね


今回は担当者の方の熱意と、山の繋がり、富士山での繋がりによって声を掛けていただきました。
貴重な機会を、どうもありがとうございます。


麻布もめったに足を踏み入れないところなのですが、あれっ?ここ来たことがあるという感じも。
15年ほど前に来たことがある路地の印象を覚えていました。



DSCF20051.jpg

レ・シューというフレンチレストランも格式ばった感じではなく、居心地のいいお店でした。
当然おいしいです。


フランス語を勉強しようかな
いや、その前にもっと英語を(笑)



■ 「Beyond Risk -苦しみの芸術-」

天野氏は夏には富士山公認ガイドとしてや、登山初心者などを対象とする「石井スポーツ登山学校」の講師も務めるなど、
プロフェッショナルな顔と、登山初心者を啓蒙し業界牽引する顔を併せ持つ登山界のキーパーソン的存在です。

2009年には日本人初「登山界のアカデミー賞」とも呼ばれる世界的に権威ある『Piolet 'd Or Francia:金のピッケル賞』受賞。
この『Piolet 'd Or Francia:金のピッケル賞』は、その年の世界で最も優れた山岳登攀に対して贈られる賞で、氏の属する
クライマー集団『GIRI GIRI BOYS』の同隊員、一村文隆、佐藤祐介らと隊を組んで2008年9月に行った、インド北部のカランカ
北壁の新ルート(BUSHIDO)初登攀(6931m)が、シェルパや酸素ボンベの助けを借りずに、軽量の装備による速攻法で頂上を
目指すアルパイン・スタイルの優れたクライミングとして世界的評価を受けたものです。



Chers amis de Polyculture,

C’est avec plaisir sincere que je vous invite a la reunion de Polyculture du mois de fevrier consacre a M. Kazuaki Amano et a l’alpinisme Japonais moderne.
Je vous propose une pause au milieu de cette saison d’hiver propice aux sports de montagne pour evoquer la beaute et les challenges de ce sport a travers un temoignage ainsi qu’un documentaire intitule Beyond Risk (苦しみの芸術)
M. Amano est durant l’ete guide officiel au mont Fuji.


Il est aussi instructeur a l’ecole de montagne ICI SPORTS, ecole s’adressant aux amateurs de sports de montagne.
Il represente une figure incontournable tant pour ses succes d’alpiniste emerite que pour son travail d’enseignant et de vulgarisateur.
En 2009, M. Amano a recu le prix international du piolet d’or, prix annuel decerne par le magazine francais Montage et le Groupe de Haute Montagne recompensant des ascensions alpines exceptionnelles. Ce prix lui a remis conjointement avec MM. Fumitaka Ichimura et Yusuke Sato, tous deux comme lui membres de l’association d’escalade des "Giri Giri Boys". pour l’ouverture d’une voie nouvelle en Face nord du mont Kalanka (6.932m) en Inde . La reussite de cette expedition legere sans sherpa ni oxygene en septembre 2008 leur a valu une reconnaissance mondiale.
スポンサーサイト


コメント

  1. リナ | URL | -

    天野さんて、2月23日がお誕生日なんですね?やはり、もって生まれた何かがあるんですね!神から選ばれた方なんだなぁと思います。

  2. 天野☆ジョニー | URL | -

    コメントありがとうございます。
    2月23日生まれはたまたまですよ、自分で選んだわけではないですし(笑)
    でもなぜだか山好きな人が多い日です。
    皇太子殿下、山岳写真家の白旗史朗さん、プロクライマーの平山ユージさんも。
    神から選ばれたなんてとんでもない。油断、過信、慢心しないでやります~。
    今後ともよろしくお願いします

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://amanokazu.blog135.fc2.com/tb.php/330-be3fa9bc
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。