--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HONITA-YAMA

2011年06月27日 11:11

s-P1080844.jpg

奥多摩「本仁田山」に行ってきました。
(右の高い方)



石井スポーツ登山学校のはじめてのハイキング講習です。

本来は川苔山の予定だったのですが、先日下見に行った結果、事情があり山自体を変更しました。
川苔山を楽しみに参加してくださった皆さんには申し訳ありませんでした。

梅雨が終わってから行きましょう。



今回は「フジヤマガイズ」から廣田勇介ガイドにサポートにきてもらいました。

彼は富士吉田市在住の国際派ガイド
夏は富士山で英語でのガイディングを、冬はカナダでバックカントリーのガイディングをしています。

天野とは富士山八合目太子舘ガイド仲間です。



s-P1080910.jpg

土日休日の奥多摩駅はすごい人です。
丹沢方面の小田急線、中央線、京王線高尾方面もそうですが、登山者率が非常に高い!


それぞれのレベル、体力に応じて楽しめるのが山登りの素晴らしい所
まさに生涯スポーツですね




s-P1080884.jpg


駅から歩いて登山口まで行きます。

その前に、準備運動、ザックのフィッティングなど
基本的なことの再確認です。

本日の参加者の皆さんは
はじめてハイキングの方から、自分たちで歩いている人たち、トレイルランナー、読図講習会で一緒に歩いた人たち、
この夏富士山に登りたいと思っている人など




s-P1080915.jpg

登山口までは小一時間の林道歩き、ちょうどいいウォーミングアップです。





s-P1080877.jpg

登山口にある乳房観音さま

おっぱいの神様ですか?



s-P1080876.jpg


母乳豊饒、乳がんにかからないなどの御利益があるそうです。

そう何度も来る場所ではありませんので、ちょっと寄り道。
みなさんでお参りします。




s-P1080919.jpg

ガスの中を登りました。
視界はなかったけど、暑すぎなくてちょうどいい気候でした。


道は九十九折れのけっこうな急登

まずは標高差300mを登ります。


朝、駅で配った地形図の説明をしたり、コンパスの使い方、足の置き方、重心移動、ペースの作り方、水分補給などの講習をまじえて登ります。

廣田ガイドからは富士山四方山話もいろいろ出ていました。



s-P1080926.jpg

山頂にて




景色が見えないのが残念

s-P1080857.jpg

晴れていたらこんな感じ

高水三山から青梅の丘陵、その奥に多摩の街並みが見下ろせます
(写真は下見時のもの。)




s-P1080943.jpg

下りには「大根ノ山ノ神」

ゆっくり登って、ランチタイムもしっかりと取って、標高差が900m弱、7時間ほどの行程

はじめてハイキングにはちょっときつかったなんて声も頂きましたが、いかがでしたでしょうか?
次回もお楽しみに!




250px-Japanese_Serow_Wakinosowa_Japan.jpg
(wikipediaより)

途中でカモシカにも出会いました。

カモシカは実は、鹿ではありません。
「シカの名が入っているが、シカの属するシカ科ではなく、ウシやヤギと同じウシ科に属する。」だそうです。


牛ですよウシ


だから、肉はけっこう美味しいと聞いたことがあるのですが・・・。

ニホンカモシカは特別天然記念物ですので、食べてはいけません(笑)




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://amanokazu.blog135.fc2.com/tb.php/196-8bb82c9d
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。