--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『180゜SOUTH』

2011年05月16日 23:05

180SOUTH.jpg

今日は映画を観てきました。『180゜SOUTH』


この映画に魅かれたのは
“Patagonia”、そしてクライミングギアメーカー“Black Diamond”の創業者『イヴォン・シュイナード』と、
“The North Face”創業者『ダグ・トンプキンス』の2人に関するものだから。

今やアウトドアカンパニーでは屈指の存在である両社
会社が大きくなると色々とあるのでしょうが、作り手の意思、心意気、魂などが感じられるモノが好きです。



2人の運命を180°変えた伝説の旅があった。そして今、ひとりの青年がその軌跡をたどる―。

自然を愛するスペシャリストたちの“人生の旅”を描くライフ・ドキュメンタリー

旅に出よう。
きっと新たな豊かさを教えてくれるから----

INTRODUCTION

 “知らないところへ行ってみたい”という強い気持ちが旅の本質ではないだろうか。目的よりも過程が重要で、困難に見舞われても多くの発見や感動をもたらしてくれる旅こそが真の冒険。40年以上も前、1968年に南を目指した2人の若いアメリカ人がいた。サーフ&マウンテンの楽園を探しに南米パタゴニアの地へ。彼らの人生を大きく変えた究極のロード・トリップは持参した16ミリのカメラが記録していた。
そして今、2人の残した映像に魅せられたアメリカ人青年が彼らの足跡をたどって追体験の旅を試みる。異国の地で自然とともに生きる人々と出逢い、歴史や生活を学びながら、パタゴニアの高峰コルコバト山を目指した。はたして彼は頂上に立つことができるのだろうか。そして旅の終わりに何をみたのか。

“人は皆、後戻りできないと言うが、目の前が崖なら―― そのまま突き進むか、まわれ右をして前に進むか、どっちがいいと思う?”

 パタゴニアへ旅した2人のアメリカ人、イヴォン・シュイナードとダグ・トンプキンスは帰国後それぞれ小さな会社を設立。
それが「patagonia」と「THE NORTH FACE」、今では世界中の誰もが知っているアウトドア・ブランドの最高峰だ。アメリカにおける自然派志向のアウトドア・カルチャーは2人の伝説の旅から生まれたものだった。
 30年以上も昔にフリースを開発し商品化。アウトドア・ファッションンに革命を起こす一方、ワイルド・ライフをこよなく愛する冒険家にして環境問題にもいち早く取り組んだ真のナチュラリストとして名高いイヴォン・シュイナード(パタゴニア創業者)。映画は彼の知られざる素顔に迫りながら、イースター島の美しい夕景や荒れ狂う大海原、パタゴニアの高峰コルコバド山の壮大なパノラマをフィルムに収め伝説の旅を見事に再現。
本作ナビゲーターは、patagoniaの専属フォトグラファー、ジェフ・ジョンソン。監督はサーフ・ドキュメンタリーの傑作『シッカー・ザン・ウォーター』を手がけたフィルムメーカー、クリス・マロイ。豊富な経験から育んだ独自の視点と映像センスで伝説の旅を見事に再現する。さらに、ジャック・ジョンソン、ジェームズ・マーサー、メイソン・ジェニングスらが奏でる音楽が、「心地よさ」という彩りを与えている。





映画というよりはドキュメンタリーです

登山やクライミングというよりは、環境問題についてのものですね
サーフィンや海の映像も多いです

パタゴニアは環境問題への取り組みを企業イメージの前面に打ち出していますが、ノースフェイスに関してはそういう印象はありませんでした。
しかし・・・、実は・・・ダグ・トンプキンス、あなたという人は!!!と、いう感じです。

映像は素晴らしく、音楽も心地よいものですので、機会があればぜひご覧ください。




下高井戸シネマの上映予定
5/14(土)~5/20(金)
イブニング PM7:00~(終8:32)
5/21(土)~5/27(金)PM4:20~上映あり


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://amanokazu.blog135.fc2.com/tb.php/168-15d3e27e
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。