--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南房総『高塚山』

2011年03月05日 22:11

ISGTVの撮影で南房総の山に行ってきました。

『高塚山(216m)』


千葉県にも山はあるもんですね。

正直言って鋸山しか知らなかったです。


s-P1040650.jpg

海からスタート。
まさに Sea to Summit ですね!


s-P1040663.jpg

登山口であった干物屋さんのオヤジの言うところによると、農漁民の信仰の山だそうです。

この辺りには神社や仏閣、お墓や、石仏などがいっぱいありました。

歴史ある、昔から大切にされてきた山です。


いいですね。
そういうの好きです。


s-P1040687.jpg

標高こそ低いけれど、この山はちょっと変わっています。

まずは植生。
亜熱帯的な植生だそうです。

冬でも緑がモリモリしていて、森に入ると木々が競って光へと伸びていて、不思議な感じ


s-P1040686.jpg

山頂からは海がきれいに見えました。


s-P1040692.jpg

山頂の社にいた狛犬は子連れでした。
これも珍しいみたいですね。

いつもは険しい顔をしていることの多い狛犬ですが、子連れだからか優しい顔に見えますね。




実はこの後、ちょっとはまりかけたことが…。

いえいえ、ちょっと道に迷っただけですよ。
かすかな踏み跡をプチ冒険気分で追っていったら、突然踏み跡が不明瞭になり、尾根の方向も来た方向と違う方になり…

ハマりかけていくのが実に冷静にわかり、来た道を戻り、登り返しました。


こうやって道に迷うんですね。


「勘違い」、「思い込み」、「自分たちの良いように解釈」、「焦り」などなど

油断は禁物です。


標高216mの山ですが、意外や山深く、斜面の傾斜も強く、油断できない山でした。

だから山は面白い!


s-P1040724.jpg

房総は春です。

でも実はけっこう寒かった(笑)
朝は水たまりが凍ってました。




スポンサーサイト


コメント

  1. タテノ | URL | -

    面白そうですね房総♪ブログ 楽しいです、いつも楽しみにしています(^∀^)/イェェイ♪
    突然質問ですが、天野さんも 人をかついでクライミングをした経験などあるのでしょか。例えばこないだ行かれた韓国のアイスクライミング?!の様な壁途中で 滑落した人を背負って 登ったり…。そんな事が可能なのか そんな想像を越えた技術とパワーが現実に存在するのか 天野さんに聞いてみてと会社の友人にも言われたので もしよかったら 教えて頂けますか?m(_ _)m

    後スイマセン 筋肉痛を速く治す方法なんてないでしょか… な 無いですよね(^∨^;) なかなか回復しなくって。失礼しました。
    お手隙のタイミングありましたら ヨロシクお願いします

  2. あまの | URL | -

    タテノさんへ

    ありがとうございます。イエイ

    ご質問ですが、人を背負ってクライミングするのは無理ですね。
    それは漫画か映画での話です。

    実際にはかなり厳しいので、僕らは怪我した人をロープで引き揚げたり、吊り降ろしたり、渡したりします。
    それにも道具と技術とパワーを要します。

    簡単な段差や山道なら背負って登れますが、攀じ登るのは厳しいですねぇ・・・。


    筋肉痛にはBCAA(アミノ酸の一種)が一番効きますよ!
    運動前にBCAAで疲れ知らず!
    運動中にBCAAでバテ知らず!
    運動後にBCAAで筋肉痛知らず!です。

    一度お試しあれ~

  3. タテノ | URL | -

    有り難うございます♪
    そうなんですね 勉強になりました。
    BCAA♪そうですか 飲みます 授業で教わった事を応用すればよかったんですね(^◇^)/

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://amanokazu.blog135.fc2.com/tb.php/136-44dab6b5
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。